ホーム>肌クリニック大宮ブログ>紫外線と日焼け止め
肌クリニック大宮ブログ

紫外線と日焼け止め

こんにちはdelicious

院長の相馬ですleo

毎年この時期には、いろいろなメディアでお話をさせていただいていますが、今年も紫外線が強くなる時期sunが到来しましたので、今回は、紫外線と日焼け止めについて簡単にお話しします

 

紫外線を浴びると皮膚はダメージを受け、光老化といって、しみ・しわなどの原因となります

 

日焼け止めを使用していれば、紫外線からはだいぶ身を守ることはできますが、よく勘違いされているのは、日焼け止めは「決して日焼けしない」のではなく、「日焼けする時間を遅らせる」だけなのですsign01angry

 

従って、紫外線の強い夏は、たとえ日焼け止めを使用していても、戸外にいる時間が長ければ紫外線の影響を思いのほか受けていることがありますwobbly

 

汗でも日焼け止めは流れてしまいますから、夏は戸外にいるときは2~3時間毎に日焼け止めを塗りなおすことをお勧めしますsign03

 

前述した「光老化」のリスクは、浴びた紫外線量の蓄積と比例すると言われていますので、なるべく早い段階からのケアが重要です

 

夏に受けた紫外線による皮膚ダメージに対しては、当院の抗酸化作用のあるビタミンCのイオン導入やアミノ酸・ミネラルの豊富な成分を皮膚の浅い層に注入していく水光注射などが効果的ですsmile

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hada-clinic.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/64

ページ上部へ